04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.17 (Fri)

薄桜鬼真改 華ノ章、始めました!

発売日に届いてたにも関わらず何だかんだでプレイ開始は今日になってしまいました。
というか、厳密に言うと設定いじっただけなのでまともにプレイするのはこれからです(笑)

ツイッターだとフォロワーさんのタイムラインを埋め尽くしかねないので(いや、実際にはそんな立て続けにツイートしたりはしないと思うけど)、プレイ中の萌え叫びやら感想やらといった実況的な吐き出しは今回もまたTumblrでしていきます。
もし興味のある方は覗いてみて下さい(*´ω`*)
ただ、核心に触れる内容は控えますが、ネタバレ的な書き込みもあると思うので、見て下さる場合はそこら辺をご留意頂いた上で自己判断でお願いします。

薄桜鬼真改 華ノ章 プレイメモ ※時系列順(投稿日時の古い順)に見たい場合はこちら
スポンサーサイト
22:05  |  ゲーム  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.18 (Sun)

薄桜鬼真改 風ノ章、クリアしました!

先月末からちまちま進めていた薄桜鬼真改 風ノ章ですが、覚書も全て埋めてトロフィーも100%になり、フルコンプしました!

プレイ中はTumblrの方に実況的に思ったことや換装などを吐き出してました。
ネタバレにはあまり配慮してませんが(ストーリーの核心に触れる決定的なものは避けたつもりですが)もし興味のあります方はこちらからどうぞ(別窓が開きます)

薄桜鬼真改プレイメモ ※こちらは投稿順(日付の古い順)になってます

レビューとか、そういうちゃんとしたのじゃなくて、プレイしてる時のそのままの勢いで書き込みしてるので見づらいところもあるかと思いますが、そこはご愛敬ってコトで(笑)

真改は終わりましたが、鏡花録も随想録も積んだままなのので、今はそっちを崩してます。
鏡花録は真改の合間に土方さんを終わらせて、あとは斎藤さんと左之さんと、土方・斎藤・原田の雨下語りを残すのみ。
随想録(VITA版)はオマケの読み物系は一応全部読んだものの、本編は手つかずといったところ。
真改では改変されたところもあるし、そもそも日常想起は入ってないし、久しぶりに楽しむつもりです。

二次創作の書きたい欲求も高まってきてるので、もう少し余韻に浸ったら、リハビリがてら何か書きたいなあと思ってます。
龍馬は土佐弁の壁に阻まれて二の足を踏んでますが、崎ちづや相ちづ、八ちづなんかもいつか挑戦してみたいなあ。
まあ、今一番書きたいと思ってるのはやっぱり本命のさのちづなんですけど。

来月のゆきさくらに申し込むか、冬コミの当選を祈ってそっち合わせで準備するか、悩ましいところです。
16:27  |  ゲーム  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.25 (Fri)

薄桜鬼真改が届きました!

「薄桜鬼真改 風の章」、いよいよ本日発売しましたね!
私の手元にも無事発売日に届いてくれました!
22日に「出荷準備に入りました」なん送り状番号まで添えられてメールが来たのでフライングゲットできるのかとぬか喜びさせられたりもしましたが、さすがにそんな甘くはありませんでしたw
ていうか、寧ろ今朝方までその送り状番号が反映されなくて「本当に発売日に届くの!?」と何度も検索しながらヒヤヒヤさせられましたよ!

ちなみにラバスト目当てでアニメイトに特攻したんですが、キャラはランダムだったのか大本命の左之さんはいなかったよ!ヽ(;▽;)ノ
そして特典のキャンバスアートとやらのせいで箱が思ってたより大きくて、思わず「でかっ!」って言っちゃったよw
ちなみにキャンバスアートは沖田さんと斎藤さんでした。何が付くのかも覚えてなかったけど漠然と土方さんだと思ってたのでちょっとびっくり。
特に残しておきたいものでもないし、場所も食うので、どうしたものかと思案中(柄がランダム封入で左之もあるなら交換とかも考えたいところだけど、まあまずないだろうなあ…)

で、とりあえずデカブツは置いといて、いそいそ限定版の箱を開封しました。
特典内容は「CDとDVDが付いてるんだっけ?」くらいしか覚えてなかったんですが(だって注文したの7月末だし)、特典小冊子もありました。
半分くらいは簡単な登場人物紹介、残りのページは登場人物詳細として、出生年・出身地・流派・佩刀・役職・趣味・嗜好が載ってました。

風間を除く既存の攻略キャラ5人については生年はネットでも調べられましたが、主人公を始めとする薄桜鬼オリジナルキャラについては年齢が明かされてなかったので嬉しい!
いや、もしかしたらどこかで明かされてたりしたのかもしれないですが、私はすべての媒体や特典を所持してるわけではないので今回ので初めて確定情報を知ることが出来たのでした。
史実から生年がはっきりしてるキャラは出生年が元号と西暦年で、生年がはっきりしてなかったり薄桜鬼オリジナルキャラだったりは初登場時の年齢が書かれてました。

西暦から計算して、初登場時(ゲーム開始時点)で左之さんは23歳、千鶴ちゃんは16歳なので「さのちづは7歳差なのね~(*´ω`*)」とか、「土方さんと千鶴ちゃんだと干支一回り違うのか!w」とか「えっ、山崎さんって近藤さんと同い年なの!?土方さんより1歳上なの!?Σ( ̄□ ̄;)」とか、新たな事実に驚いてみたりww
千鶴ちゃんは初登場時で15歳くらいかなと思ってたので、ちょっと若く見積もってたようですw

ただ、初登場時の年齢というのが意外と曲者で、不知火さんが初登場時24歳ってなってたので一瞬「えっ、不知火さんって左之さんより年上なの!?」ってなったりもしました。
実際には初登場はゲーム開始の翌年夏なので、不知火さんと左之さんは同い年ってことになるはず。
風間さんは初登場時で25歳だから新八っつぁんと同い年ですね、たぶん。

──などなど、とりあえず一通り眺めて満足したのでまた箱にしまって一段落。
CDやDVDはプレイ後のお楽しみということで未開封のままこれまた箱に戻します。

てなワケで、肝心のソフトはまだ未開封のままです。
このまま一気に特攻したいような、大事に進めたいからタイミングを計りたいような…。
ていうか、まだVITA版の薄桜鬼(鏡花緑)も途中だし、随想録に至ってはソフト未開封だよ!(鏡花緑が終わるまで…って待っててこの体たらく)
せめて真改を開封する前に随想録を開封しようよ、私!!

そして、攻略順もまた悩ましいんですよね~!
普段、このテのゲームは一番食指の動かないところから攻めていって、楽しみは後に残しておく派なんですが、ここは結末が判ってる既存のキャラから攻略して新キャラや追加攻略キャラを後に残しておくべきか、それとも結末は判ってても確実に萌える大本命の左之を最後に残すべきか…ううう、迷う~~~!!(≧◇≦)

まあ、先に随想録を開封しなきゃとか、開封したらしたでミニゲーム的なのやおまけのミニシナリオ的なやつに手を出しちゃうだろうしとか──どうせすぐには始められないんだろうから、誰から狙うかもう少し悩んでみようと思います。
そして攻略開始したらまたTumblrでもそもそ萌えや感想やコメント吐き出して過ごしたいと思います
(Tumblrは基本的に吐き出し場みたいなものなのでネタバレはあまり気にせず投下することになると思います。気にする方は要注意、自己責任でお願いします)

※このエントリーはTumblrの方にも同じ内容のものをアップしてます。
17:43  |  ゲーム  |  EDIT  |  Top↑

2015.04.29 (Wed)

遙か6クリア!

先月下旬からどっぷりハマっていた遙か6ですが、半月ほど前にクリアしました!
まだ札を揃えられてなかったり育成しきれていなかったりでトロフィーコンプには至ってませんが、回想は全部埋まったのでひとまずクリアということで。
札の育成や収拾は追々やっていこうと思います。

最萌えは当初の予想通り村雨さんでした。
落ち着くべきところに落ち着いたといった気分です。
でも、ここまで萌え転がされるのは想定外でした(笑)

SSLの時同様、ツイッターだと何がネタバレになるかわからないので、プレイ中はTumblrの方で萌え叫んでました。
といっても核心に触れるネタバレなどはしていませんが。
もし興味があるようでしたらこちらからどうぞ(プレイ日記的なやつだけタグで抜粋してあります)
村雨さん、村雨さんと終始騒いでますがそこはご愛敬ってことで!

遙か6プレイ日記


ちなみに、クリア直後から少し時間が経ってしまったのは、クリア後にアニメ鑑賞祭に突入してしまったからです。
ガルガンティアとか、はたらく魔王さまとか、ログホラとか、他にもいろいろと…。
録るだけ録って溜めまくってるアニメの消化じゃなくて、前にシリーズ通して見たのをまた引っ張り出して見てるあたりが本末転倒な気もしますが、それはそれとして(苦笑)

で、ここ数日、またちょこちょこリプレイしてたりします。
やっぱり村雨さんいいなあ~と笑み崩れながら回想を何度も繰り返して見てます。
一時的な熱病で終わるか、さのちづみたいに長々とこじらすかは今のところ判断つきませんが、暫くはこの萌えにたゆたっていたいと思います。
08:37  |  ゲーム  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.24 (Tue)

遙か6

遙か6、始めてしまいました。
発売前から気になってたものの、とりあえず暫く様子見するつもりだったんですが、発売後に評判が良さそうだったこともあり、誘惑に負けて買ってしまったのでした。
5は体験版は少しだけ触ってみたものの、そのうち買おう~と思ってそのままになってるし、何だかんだでコルダ3も下天も手を出しそびれ、気づけばネオロマは遙か4以来のご無沙汰となってました。
プレイしてて、懐かしいというか、帰ってきたなあ…と感慨深くなりましたよ(笑)
ただいま、ネオロマ!(笑)
まだ1周めの途中なのですが、すっかり夢中になってプレイしてます。

ちなみに事前にチェックしてたのは「舞台は大正時代(によく似た異世界)の帝都東京」「黒龍の神子が主人公」「攻略対象に軍人さんと鬼がいるのね」くらいのざっくりした知識のみ。
つまり発売決定時の記事で紹介されてた程度の情報しか見てなかったという。
買う前に一応公式サイトも見たんですが、キャラクター紹介が各キャラごとのムービーだったので「後で見よう」と思って、結局そのまま放置しちゃいましたし。
おかげでほぼ先入観なくプレイ出来てます(笑)
今のところ、オープニングムービーで気になったキャラにまんまと流されてますが、個別ルートやイベント次第で最終的な最萌えがひっくり返らないとも限らないので油断は出来ません。
誰がくるかな~とドキドキワクワクしながら進めてますw

てなワケで、暫くはのんびり遙か6の世界に浸りつつ過ごしたいと思います。
23:48  |  ゲーム  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。