10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.12 (Sun)

編集作業

HDDに録り溜めていた番組が増えすぎて空き容量が足りなくなってしまっていたので、昨日は午後からCMカットなどの編集作業に明け暮れてました。
時間がない時は未編集のまま焼いてしまったりするのですが、昨日は気が向いたこともあって、途中でゲーム休憩(休憩?)を挟んでちまちまやってました。

録るだけ録って、後で纏めて見ようと思っていた番組だったのですが、編集の最中に飛び飛びで見て、そのまま見てしまいたい衝動に駆られたこと数回。
まだ放映中の番組だから、この後、続きを悶々と待ちながら見ることになるのもなー…とちょっと躊躇ってます。
(同じ理由でTtTのアニメも溜め込んでるわけですが)

映画観てきた関係で、エヴァのテレビ版もまた見たくなってます。
ビデオは録ってたけど、劣化して見られなくなってそうな気も…(汗)
スポンサーサイト
10:56  |  アニメ  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.05 (Sat)

物語は核心に

昨夜…というか、今朝方、わざわざ目覚まし掛けて(正確には掛けさせられて)、リアルタイムで観ました!<マクロスF
いよいよ物語は核心に迫ってきましたね~。

個人的にシェリルとミシェルのやりとりが駆け引きめいてて結構好きです。
恋愛的なものじゃなくて、友情とかコンビ的な意味合いで。
打てば響くような会話のやりとりを見てると「こいつら何気に息ぴったりだよな~」と思います。
クランがいなかったらカプでもいいと思ったかもしれない(笑)

ところでミシェルが「惚れちゃいそう」ってからかった後、シェリルが言った「I have」の意味が解らなかったのですが、見終わってからダンナに教えてもらいました。
複座型の場合は後席でも操縦できるようになってて、あの「I have」は「操縦を代わる」っていうような意味なんだそうです。
なるほど、そりゃあミシェルも「そいつは勘弁」って言うわ(笑)

ランカも可愛かったですね!
ちょっとしたことでいちいち赤くなったりする初々しさがたまりませんね(笑)
つられて赤くなるアルトも同じくらい微笑ましいわけですが。

それにしても、今週のは先週以上に続きが気になる終わり方で、またも一週間が待ち遠しい!
こんな風にやきもきしながら続きを待つアニメというのも久しぶりです。
ここのところ、ハマりそうなアニメはオンタイムで見ずに録り溜めておいて、終わった頃に纏めて一気に見るということが多かったからなあ。
これが小説なんかのアニメ化だったら原作買ってきて一気に続きを読んでしまうとかいうことも出来ますが、マクロスの場合はそういうわけでもないですし。
その代わり、世間が一番盛り上がってる時期を一緒に楽しめるという醍醐味もあります♪
アニメに関しては、ここ数年は上記のような見方ばかりだったので、自分が盛り上がる頃には大体旬を逃してましたから(苦笑)
12:38  |  アニメ  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.30 (Wed)

ヤッターマン

風邪で寝込んでる間、昔ビデオに録った旧作のヤッターマンをいくつか引っ張り出して見てました。
新作の方は、最初の内こそガンちゃんの声優さんが男性になってしまったことや性格改変(昔のガンちゃんはお馬鹿なところはあったけどもっと男前だった)に不満を覚えましたが、徐々に成長していってくれればいいやと思えるようになってきました。
今時、いきなり昔のガンちゃんみたいな性格の主人公を出したんじゃ受け入れてもらえないのかもしれないし。
うっかり新作見る前に、懐かしくなって旧作の1話を見てしまったのも、不満を感じてしまった敗因かと(汗)
だってやっぱり旧作の方が良いと思ってしまうんですもの。
でも、新作の方も、スタッフ頑張ってるなあというのは伝わってきます。
旧作の良さを殺さないように…みたいな配慮は随所で窺えますし、新作は新作で面白いと思えますし。
まあ、それでもたまに「えー!?」と思うところはあるわけですが(苦笑)

ところで、今回のヤッターマンが始まるにあたって、ウィキペディアで調べて驚いたんですが、ガンちゃんとアイちゃんって13歳だったんですね!
新作では1話でアイちゃんが中学生だと言ってましたけど、あれで中1とは…。
旧作は新作より更に頭身が高かったので、ますます驚きです。
(ついでに調べたタイムボカンの淳子ちゃんが10歳というのを見て更に驚きました。あれで10歳…/愕然)
15:51  |  アニメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.02.28 (Wed)

ダンクーガ

昔のアニメで、超獣機神ダンクーガという作品がありました。
スパロボなどに入ってるので、若い方も名前くらいは聞いたことあるかもですね。
私、放映当時このアニメが大好きで。
思えばムックとか探し回ったりしたのも、アニメショップに初めて足を踏み入れたのも、これが切っ掛けだった気がします(年齢がバレる話題だなあ/苦笑)

で、先日ネットをふらふら彷徨ってたら『ダンクーガ ノヴァ』なるものが目に飛び込んできました。
最近流行りのリメイク版かと思っていそいそとチェックしてみたんですが、名前とロボットの顔(笑)を踏襲しただけの別物っぽいですね。

といふワケで、とりあえず1・2話を録ってみました。

当時主役を演じられてた矢尾さんも出てるということで、どんな役なのかな~と思っていたんですが、ざっと飛ばしてチェックしてみたところ、なんか凄く美形な役で驚きました(酷ぇ)
でも、まあ、その時は
「最近三枚目的な役が多いのに、珍しいなあ。やっぱ旧作の主役だから気遣われてるのか?(笑)」
くらいにしか思ってなかったんですが――改めてOP見て噴きました。
原作が藤原忍って!!!(爆笑)
(※知らない人のために補足すると、藤原忍というのは旧作の主人公の名前です)
てことはあれか、今回の役名のF.S.ってのは藤原忍のイニシャルか!?
旧作の未来とか、そういう展開だったりするのか、もしかして!?
……ごめん、一瞬、思わず「忍の妄想ストーリーなのか?」とか、「だから美形なのか?」とか考えちゃったよ……。

えー……あまりに破壊力(?)が大きかったので、もうちょっと落ち着いたらちゃんと通して見てみようと思います。はい。

旧作は忍と沙羅のケンカップルぶりとか、雅人とローラの微笑ましいやりとりとかにときめいてたっけなあ、そういえば。
新主人公の4人は果たしてそういうときめきをもたらしてくれるだろうか…。
………………難しそうだなあ(苦笑)
15:07  |  アニメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.19 (Wed)

ハルヒ三昧

今日は予定では毎週恒例の実家デーだったんですが、昨夜の天気予報では結構降るらしいということだったので中止になりました。
――実際には、午後は殆ど降ってなかったので、中止にしなくても良かったような…(汗)

そんなわけで、今日は1日『涼宮ハルヒの憂鬱』を見てました。
1話~最終話まで。とりあえず、時系列順に。
(だってあんまりゴチャゴチャなんだもん<順番)
さすが京都アニメーションというべきか、全体的に非常に出来が良かったと思います。
原作の面白味がちゃんと活かされてて、これなら原作読者からのブーイングも少なかったんじゃないかと思います。
杉田さんがイイ味出してて面白かったです。

びっくりだったのは、途中の話(アニメ版オリジナル)の脚本が、賀東昭二さんだったこと!
そりゃあ賀東センセと京都アニメーションと言ったらフルメタTSRで馴染みはあるでしょうが、だからってなんで小説家のこの人が脚本書いてんだ!?(驚)

因みに、なんでハルヒだったかというと、単純にダンナのお薦め。
今日はダンナも休みだったので、1日一緒に見てました(笑)
しかし、この所為で頭からEDが抜けません。がっでむ!
22:50  |  アニメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。