FC2ブログ

2006.05.09 (Tue)

くたびれた

今日は実家デーだったのですが、久々にしんどかったです。
というのも、昨日の疲れが…(苦笑)
朝、ダンナを送り出して、ブログに記事を投稿した後(半分くらいまでは昨夜の内に書いておいたので、起き抜けの状態で続きを書いたのでした)、どうしても我慢ならずに昼近くまで寝直してしまいました。
そんな状態だったので、行きの電車は寝ていく気満々だったんですが、うっかり本を読み始めてしまったもので、結局寝ることもなく過ぎてしまいました。
実家の方は、用事が少なかったのがせめてもの救い。
細々とした用事が多かったので、結局いつもの時間(向こうを出るのが9時過ぎで、帰宅が11時頃)になっちゃいましたが、支払いとかであちこち回ったり……なんてのがなかっただけでも有難かったです。
今日もなるべく早くに休みたいと思います~。

ところで、スパコミでお会いした時に散々なばりからラブレボ布教の洗礼を受けた被害者uさん、日記を拝見するに目論見通り楽しんでくれているようで、薦めた本人としてはホクホクです♪
うん、颯大くんは好きだろうと思った!
僅差でマッキーというのも何となく納得です。
ああ、仲間が増えるのって楽しいなあ(笑)
スポンサーサイト



23:41  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.05.09 (Tue)

鎌倉迷宮萌えツアーに行ってきました!

えー、下の記事でも触れましたが、昨日は鎌倉へ萌え探検に行ってまいりました!(笑)
そして昨夜はこのレポを書いてる途中で睡魔に負けて撃沈。
本日の書き込みと相成ったのでした。とほり。
結構歩き回りましたからね。しかも途中からは雨にまで降られましたし。
もともと体力ない上に普段あんまり出歩かないなばりはイチコロ(死語)です。
そんなわけで、レポ、いきまーす!

下の記事にも書きましたが、一緒に行って下さったのは『有閑マダムの会』のメンバー綾蝶の青海千鳥さんと、verandahのこうつきみわさんのお二方。
こうしてネタの解る面々と萌え巡りをするのは初めてで、そこからしてドキドキワクワクムネムネです(ムネムネ?)
遠足前の小学生よろしく、前夜はなかなか寝つけませんでした!(笑)
(しかも夜中に何度も目が覚めましたよ…そんなに楽しみだったのか!)

さてさて、本日のルートは江ノ電界隈。
まずはJRで鎌倉まで出て、そこから江ノ電に乗り換えです。
鎌倉駅で、早速、譲ルートで出てきたアングルで駅前の写真を撮りました。
一日乗車券を購入していざ江ノ電に乗り込みます!
車内には、ウチらとは明らかに目的が違うながらも、ごっついカメラを携えて写真を撮りまくっているカップルがいました。
彼氏の方だけじゃなく、彼女の方も一眼レフのカメラを構えて車窓から海を撮ったり、車内を撮ったりしています。
(彼氏の持ってるやつに比べると、彼女の持ってる一眼レフはかなり小降りでしたが)
おかげで私達3人も特に浮くことなく(?)車内撮影することが出来ました♪
基本的にはデジカメでの撮影でしたが、極楽寺や鎌倉高校前では、停車した隙を狙って携帯からホームの写真を撮ったりもしました(下記記事参照)

私達の最初の目的地は腰越。
ここで江ノ電を降り、徒歩で満福寺に向かいました。
駅から徒歩5~6分といったところでしようか。
ここでも写真を撮りまくる3人(笑)
一通り撮ったところで拝観料を払って中に入りました。
義経、弁慶、静御前など描かれた鎌倉彫の襖絵を眺めつつ、萌えの止まらないなばり。
弁慶の立ち往生の襖絵を見て、思はず、
「この後、弁慶さんは現代に拉致られるんだね」
なんて言い出す有様(罰当たりな!)
天井に描かれた黒い龍の絵を見て「あ、黒龍」と呟いたり、暴走は止まりません。
でもね、奥の部屋にあった『らくがき帳』に遙か3キャラがごろごろ描いてあったのには、さすがのなばりも遠い目をしちゃいましたよ…。
ええ、そのノートを目にした時からきっと描かれてるだろうとは思いましたが。
でも、さすがにアレは恥ずかしかったです…(げんなり)
中を見て回っていると、お土産っぽいものが幾つか展示されていました。
その中に、干支を象った木彫りのストラップがありました。
はい、木彫りです。しかも干支。当然、犬もあります。
九郎ファンのこうつきさん、戌年でもないのに…と暫し躊躇していましたが、結局やっぱり買ってました(笑)
この満福寺には義経庵という軽食喫茶のお店が併設されているとのことだったので、ここで軽く何か食べようということになりました。
入口がちょっと判りにくいものの、こぢんまりした作りのお店で、雰囲気もなかなか良い感じ――だったのですが。
店内には人っ子一人いませんでした(汗)
何度か声を上げて呼んでみたのですが、人が出てくるどころか応答すらもありません。
仕方がないのでここでの食事は諦めて、満福寺を後にしたのでした。

気を取り直して腰越駅に戻り、今度は鎌倉高校前に向かいました。
ホームでは何やら撮影をしている様子。
本当はホームでも写真を撮りたいところでしたが、やむなく諦めて外からカメラに収めるに留めました。
他、通学路と称して駅から高校までの道や、途中のこぢんまりした公園を撮ったりして鎌倉高校へと向かいました。
目の前に病院があったので、またしても、
「弓道部の生徒が怪我したらここに運び込まれるのかな!」
などと下らない妄想を繰り広げてしまいました(←既に病気です/苦笑)
高校の校門は、ゲーム中に出てきたものとは違うものっぽかったです。
まあ、そもそも制服からして違うわけだから、モデルはこの場所だけど、実際には違う学校ってコトなのかもしれませんね。
さすがに関係者じゃないので中に入るわけにはいきませんから、外から写真を撮って満足し、その場を後にしました。
しかし、駅から学校まで徒歩数分、途中にコンビニすらないのには驚きました。
鎌倉高校前というのは、踏切を越えて道路を渡ればすぐ海で、サーファー達が波乗りを楽しんでます。
海岸に降りる階段の辺りでも写真を数枚撮りました。

いい加減お腹も空いてきました。
待ちに待った昼食タイムです。
ここはなばりの希望を容れて頂き(ありがとうございます!)、弁慶さんとのデートで連れて行かれたと思われるレストランでの食事と相成りました。
「たぶんここだろう」というそのお店は、海に面したテラスがあるお洒落なイタリアンレストランでした。
単品で頼むのとランチセットでは大差なかったので、迷った挙げ句、デザートが付くランチセットにしました。
このランチセット、メインは6種類のお料理の中から好きなものを選べます。
3人とも違うものを頼んでみました。
店員さんが離れた隙に、恥ずかしながら隣席(空席)をカメラに収めていたのですが、見咎められて、
「一緒にお撮りしましょうか?」
と声を掛けて頂きました。
ご、ごめんなさい……実は別の目的で撮ってました…(滝汗)
――とはさすがに言えないので(当たり前)、ここは素直に撮って頂くことに。
後から思い返せば、3人で一緒に写ってる写真ってこれだけです(笑)
と、ここで雨が降ってきました。
ついさっきまでは薄日が差してたのに!(ガーン!)
そしてなばりは傘持ってきてないのに!(ガガーン!!)
おまけにテラスへ続くガラス張りのドア(ドア?窓?)が開いていて、冷たい風が結構吹き込んできて寒くなってきました。
食事が終わる頃に店員さんが気づいてくれて閉めてくれました。
それならもっと早く頼んで閉めてもらえば良かったです。
(テラスにお客さんがいるから閉めてもらえないかと思ってたのです。どうやら別にテラスへ出られるドアがあったもよう)
たまたまお二方が離席している時に、店員さんがガラス戸にぶつかる(さっきまで開いてましたからね)というアクシデントなどもありました。
そこでまた「ああ、九郎さんならやりそう」とか思ってしまいました。ごめんなさい。

食事を終えて店を出て萌えツアーに戻ります。
ここからは七里ヶ浜の方が近かったので、鎌倉高校前までは戻らずにそちらに。
七里ヶ浜までは線路沿いの道を進んでいったのですが、ここ、線路に柵がなかったり、階段を下りたらすぐ線路だったりしてプチショックを受けました。
まあ、都電とか市電とかの感覚で考えれば別段不思議ではないかもですが。
さて、次の目的地は極楽寺。
駅の近くにお店があったら傘を買わせてもらおうと話していたんですが、行きに通った感じではお店なんてあったかどうか微妙です。
と、一つ手前の稲村ヶ崎でこうつきさんがコンビニを発見してくれました!
どうせ乗り降り自由の乗車券、ここで一旦下車させて貰い、コンビニへ向かいます。
駅前には小さなスーパーがあって、一瞬、
「ここが迷宮で出てきたスーパー!?」
と心ときめかせましたが、近づいて違うことが判明。
スーパーってなってはいましたけど、八百屋中心のお店でした。
(まあ、他の物も扱っているようでしたし、広い意味では『スーパー』って言っていいかもしれませんけど…)
ただこのお店、野菜が安かった!
きっと譲くんは自転車(もちろんママチャリ)でここまで食材を買いにきていると思います。
コンビニで無事傘をゲットして駅に戻り、今度こそ極楽寺へGoです!

極楽寺駅は、回りに何にもない感じ。
帰りに買い物…となると、別の駅まで出ないとならなそうです。
もうちょっと開けているのかと思ったんですが、思ってたより田舎(失礼)でした。
ここでも写真を撮りまくります。
とりあえず、駅のすぐ近くにある極楽寺に行ってみました。
境内は写真は元より写生も禁止でした。
ここでもなばりの妄想は止まりません。
中央に大きな百日紅の樹がありまして、それを見ながら、
「きっと子供の頃の将臣くんはこの木に登って怒られたりしたんだろうなあ」
「一緒に望美ちゃんも登ったりしたのかなあ」
などと考えてしまったり。
そのことを話したら、
「きっと譲くんが密告ったんだろう」
と言われました。
なるほど、それで将臣くんが怒られるわけですね!
でもって望美ちゃんも一緒に怒られてしまう、と。
お兄ちゃんだけ陥れようとしてたのに(酷ぇ)、望美ちゃんまで怒られちゃって居たたまれない気分な子供時代の譲くんを想像して微笑ましい気分を味わいました(←微笑ましいのか?/笑)
気を取り直して今度は切り通しへ。
雨ということもあって鬱蒼とした感じの道は、なんだかふらりと幻影さんでも現れそうな雰囲気です。
一通り写真を撮った後は、そのまま長谷に向かいました。
途中、大きな門構えのお家があって、三人して「きっとここが有川邸のモデルだ!」と言い合い、こちらもちゃっかりカメラに収めてきました。
長谷の辺りは結構賑やかで、きっと望美ちゃん達はちょっとした買い物はこの辺りで住ませてるんじゃないかと思います。
でも野菜は稲村ヶ崎のスーパーの方が安かったので、やっぱり譲くんが自転車で…(以下略)

ここからは一路鎌倉へ。
駅を降りて紀伊国屋を発見!
「もしかしたらあのスーパーは紀伊国屋だったんじゃ!?」と期待も露わに向かいました。
しかし店内の雰囲気はやっぱりちょっと違う感じ。
うーん、結構高級そうなスーパーっぽかったし、ここで決まりだと思ったのに!
ともあれ、時間も時間なので、ここは潔く諦めて、本命の鶴岡八幡宮に向かいました。
GW明けだったからか、はたまたお天気の所為か、屋台の類も全く出ていなくて境内はちょっと閑散とした感じでした。
奥へと進み、いざ、迷宮の扉があったであろう大階段の方へ!
もちろんここでも写真は撮りましたよ!
大銀杏を眺めつつ、
「この銀杏から採れた銀杏を屋台で売ってるのかな?」
と九郎イベントに思いを馳せる三人だったのでした(笑)

途中で天気が崩れてしまったこともあって、ごく一部(しかも偏った)しか見て回れませんでしたが、とっても充実した萌えツアーでした!
こうつきさんのリサーチ力とちどりさんの知識のおかげで、本当にいろいろ堪能できましたよ!!
私一人じゃ絶対にこうはいかなかったです。
(京都観光がその最たる例。ゲームに拘わる場所なんてそんなに見られなかったし)
そして、やはり萌え拠点は同好の士と巡ってこそなんだと実感しました(笑)

感覚的にはもっと遠そうな気がしてたんですが、意外と近かったのにもびっくりです。
日帰りだとあんまり回れないかと思ったのに、それほどでもなかったし。
まあ、考えてみれば、高校の時に「遠足」で来られたくらいの距離ではあるんで、そんなに遠いってわけでもないんですけどね。
近い内にまたツアーを組もうという話も出ていることですし、今から次回が楽しみです!!
ちどりさん、こうつきさん、ありがとうございました!!
08:20  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |