FC2ブログ

09月≪ 2019年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006.02.01 (Wed)

乙女ゲームバトン

昨年末、Ayahabilの青海千鳥さんから乙女ゲームバトンを回して頂きました。
遅ればせながら、腕まくりなどしつつ回答させて頂こうと思います!!


■1.あなたが今までにプレイした「乙女ゲーム」を挙げてください。(フルコンプでなくても可)

・アンジェリーク(SFC)
・アンジェリーク Special(PC-FX、PC版)
・アンジェリーク Special 2(PC-FX)
・ふしぎの国のアンジェリーク(PC版)
・遙かなる時空の中で
・遙かなる時空の中で2(PC版)
・遙かなる時空の中で3
・遙かなる時空の中で3 十六夜記
・金色のコルダ(PC版、PS2版)
・怪盗アプリコット(PC版、DC版、PS版、PS2完全版)
・耽美夢想マイネリーベ(GBA版)
・ときめきメモリアルGirl's Side
・FIRST|LIVE
・ペット探偵 Y's
・ファンタスティック・フォーチュン(PC Best版)
・Darling II Backlash(PC版)
・召しませ浪漫茶房
・幕末恋華 新撰組
・Double Reaction!
・魔法使いとご主人様
・乙女的恋革命★ラブレボ!!
・星の王女(1のみ)
・デザートラブ(メッセサンオー版)

ちょっと進めて止まってるゲームから、フルコンプしたものまで。
触りしかやらずに後回しになってるのは除いてあります。
プレイ経験のあるやつは、たぶんこれで全部だと思いますが……まだ何か洩れがあるような気がします。
(書いてる途中で数本抜けてたことに気づいて追加してるくらいだし)
因みに、手つかずの積みゲーまで合わせると、たぶんあと7~8本はあるばす。
……早く終わらせたいんだけどなあ。


■2.「乙女ゲーム」にハマったきっかけを教えてください。(ゲームごとでもOK!)

元々、恋愛要素のあるゲームというのが大好きだったこともあり、男性向けのゲームに手を出していたのですが、そんな折、友達が騒いでたことで興味を持ってSFC版のアンジェを買ったのが乙女ゲーとの出会い。
ずっと「女性向けの恋愛ゲームが出ればいいのに」と思い続けていたこともあって、ハマるのに時間は掛かりませんでした(笑)
二次創作の方に手を出した最大の切っ掛けは『遙かなる時空の中で』。
発売まもない頃に、通っていた攻略サイト様で作品募集をしていて、暫く遠ざかっていた二次創作の世界に出戻り、現在に至ります。
でも、自分でサイトを作ったり、同人誌を作ろうとまで思ったのは『怪盗アプリコット』にハマってから。
そんなわけで、遙か1とアプリコットは、私にとってちょっと思い入れのある作品だったりします。


■3.ハマった「乙女ゲーム」のキャラを3人あげ、魅力を語ってください。

・橘友雅(遙かなる時空の中で)
乙女ゲーで最初に打ち抜かれたのは、誰あろうこの人!
萌えに萌えて、空が白むまでプレイしたものです(笑)
初めて「プレイ中の姿を人に見られたくない」と思ったのもこのゲームでしたね。
甘いフェロモンボイスや歯の浮く台詞もさることながら、最終決戦時にアクラムへ食って掛かったシーンには本気で身悶えました。
二次創作の執筆に舞い戻る羽目になった切っ掛けの御仁です。

・一之瀬知明(怪盗アプリコット)
この人は『投網』に尽きると思います(笑)
ハートを盗むはずのゲームで、逆にがっつりハートを盗まれました。
格好良くてタラシ系かと思いきや、実は無自覚っぽかったり。
分析力や観察眼は鋭いのに、変なところで鈍かったり。
そんな、生身の男の人って感じだったのもまた激しく萌えた要因ですね。
サイトを作ったり同人誌作成したりに踏み切らせた罪な人です。

・姫条まどか(ときめきメモリアルGirl's Side)
置鮎さんの関西弁キャラとして、それだけでプレイ前から期待大でした。
いざプレイしてみたら、何から何までなばりの好みにジャストミート!
更にドラマCDで追い打ちを掛けてくれました。
関西弁が難しくて同人誌の制作は1回きりで挫折してしまいましたが、ヤバイくらいに萌えたものです。
発売直後にプレイしていたら、きっともっと散財してたんだろうなあ(苦笑)
置鮎さんは元々好きな声優さんではあったんですが、これ以後、萌えときめき度が増しましたよ!
実は、着うたも携帯に入ってます(そして使ってます)

「遙か3キャラはいないのか?」と訊かれそうなラインナップですね(笑)
でも、ハマり度とか萌え度から判断すると、上記の3キャラの方が断然上なので。
私の場合、二次創作の書きやすさと、自分的萌え度というのは必ずしも比例しないのかもしれないですね。


■4.「これは衝撃だった……!」というルートやEDがあったら教えてください。

まずは初めての乙女ゲー『アンジェリーク』のED。
あれだけ盛り上げておきながらぶっつり切れて「続きはあなたの心の中で…」というのには、当時かなり衝撃を受けましたので(笑)

あと、これはルートとかEDとかではないのですが、ファンタの1。
ヒロインだと思っていた主人公の一人の配役が石田彰さんだというのにも驚いたものですが、普通に低い声で演じられていたことには激しくショックを受けました。
これが少年声というか、高めの声で演じられていたならここまでの衝撃はなかったはず。
演出の方とかは何も言わなかったんでしょうか…(遠い目)
(もしかするとBL風味を狙っていたのかもしれませんが、それにしたって女性声優で男役を演じ慣れてる方とかもいたでしょうに)
おかげで、未だクリアに至ってません(汗)

そして十六夜記。
銀の最初のEDには言葉を失いました。
例によっての時間跳躍して運命書き換えるのかと思いきや、そのままエンドマークが出ましたからね(遠い目)
同じく十六夜記から、リズ先生のバッドED。
これまたあまりの衝撃に言葉が出ませんでした。次の瞬間には爆笑しましたが。
先生、「それがおまえの選択ならば」じゃなくて、弟子が間違った方向に進んだら止めてやって下さいよ!!(苦笑)


■5.あなたが「乙女ゲーム」を作るとしたらどんなゲームを作りますか?また、どんなゲームをプレイしたいですか?

ありきたりかもしれませんが、普通に学園物とか。
アプリコットみたいに、主人公に表の顔と裏の顔がある…みたいなのも良いなあ。


■6.「乙女ゲーム」にハマったせいでこんなことしちゃいました。

二次創作書いたり、サイト作ったり、同人誌作ったりしちゃいました。
というか、現在進行形でしちゃってます(汗)


■7.次の人にバトンをタッチ☆

まずはお約束のSuzumeっちに。
そして、もしまだ回っていないようでしたら(そしてもしご覧になってましたら)砂一夜さん、umiさん、桜花寺さん、よろしければお願いします~。



こうして改めて書いてみると、結構いろんなゲームに手を出してたんだなあ……とちょっと新鮮な気分を味わいました。
自分的感覚ではもっと少ないと思ってたので。
いや、まあ、フルコンプしてるのは半分以下なのですけども。
「あとちょっとでクリア」ってトコで止まってるゲームもいくつかあるので、今年こそはそういうのを終わらせてすっきりさせたいです。

ちどりさん、面白いバトンを回してくださってありがとうございました!!
風邪、お大事になさって下さいね~!!(私信)
23:59  |  バトン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nabari.blog12.fc2.com/tb.php/271-928dc372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |