FC2ブログ

09月≪ 2019年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006.02.25 (Sat)

橘くん、クリア!

てなワケで、立て続けになりますがまたしてもラブレボ感想です。
今回は硬派な下級生・橘剣之助くんの感想です。
他キャラ攻略中もちょろちょろ絡んできては私を萌え萌えさせてくれた憎いアイツです(笑)
本命でオトしにかかったら、更に萌えさせてくれました!
何だろう……最近こういうタイプに弱い気がする……いや元々か…?(←ほら、節操なしだから)

何はともあれ、恒例のネタバレ反転感想で~す。


+-+-+-ここから-+-+-+

まあ、公式サイトや取説のキャラ紹介でしっかり書いてあることなので、ネタバレって程のことじゃないですが、彼は極道のせがれです。
舎弟連中からは「若」と呼ばれてます。
上級生やチンピラに絡まれた時の凄みっぷりは某怪盗ゲームの「若」よりよほど堂に入ってました(笑)
貫禄に差があったよ!!

なばりの個人的見解としては、硬派というより不器用な男の子って感じですね。
無愛想で取っつき難いんだけど、でも実際は照れ屋だったり純情だったりしてとても可愛かったです♪
そして、外ではあんなに強いのに、家族(親父さんやお姉さん)には頭が上がらない辺りのギャップもまた可愛くて萌えました(笑)
惜しむらくはお姉さん達の演技が固かったことでしょうか。
一番上のお姉さんなんて、かなりオイシイ役どころなんだから、せめてもう少し上手な役者さんに演ってほしかったなあ。ほんと勿体ない…。

格好いい場面を出して「おおっ!」っとなった後にヘタレな部分を垣間見せてくれる、というようなストーリー構成はかなり萌え度を高めてくれました。
ルートに入るまでの夏休みの旅行・体育祭・文化祭・クリスマスといった全イベントできっちり萌えさせてもらえたのは、今のところ初めてのような気がします。

例によって友情EDから見たんですが、彼の場合は友達から恋愛への逆転が充分有り得る雰囲気なので、これはこれでいいかな~といった感じです。
尤も、このEDだと彼自身の夢は叶わずに終わっちゃうかもしれませんが(汗)

トゥルーの方は……意外と乙女チックな橘くん、グッジョブ!(笑)
ええ、もう、硬派って設定はどこに飛んでっちゃったんだろうってくらいの乙女ぶり!
スチルにもがっつり萌えましたよ!!
(ED後の、数年後の方でも歯の浮く台詞を吐いてくれましたしねえ)
実は子供の頃とかに、お姉さん方の愛読書(少女マンガ)をこっそり隠れて読んでたんじゃないかな~とか妄想が止まりません。

+-+-+-ここまで-+-+-+

とりあえず、ネタバレ含まない感想としては、
「コントローラー握り締めつつ、幾度となく悶絶させられました!!」
といったトコでしょうか。
一部、台詞回しが微妙な箇所などもありましたが、この萌え具合の前には些細なことでした。
ゲーム開始前は、まさか橘くんにこれほど萌えるとは思わなかったんだけどなあ(笑)


さて、未プレイなのは残すところあと2人です。
ゲームの大本命ともいうべきメインディッシュの一ノ瀬さんを後に残しておくべきか、はたまた自分的本命の若月先生を楽しみに取っておくべきか、非常に迷うところです。
でも若月先生のシナリオはそんなに萌え度が高くないみたいな話も耳にするしなあ…(悩)
まあ、どっちにしろ、最後のお楽しみとしてお兄ちゃんのトゥルーを残してあるので問題ないっちゃ問題ないんですけどね~♪(←酷っ)
(しかも、そっちが微妙な終わり方だったら橘くんで再プレイすればいいか~とか思ってる辺りが更に非道)
19:27  |  ゲーム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nabari.blog12.fc2.com/tb.php/292-ff1da75d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |