FC2ブログ

09月≪ 2019年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005.07.08 (Fri)

真下、2回目

先月いもーとと観てきたばかりの『交渉人 真下正義』ですが、また観てきました。
今回はダンナとです。
金曜の初回は安いので、それを利用して。
ダンナの仕事日程が不規則だからこそ出来る技です。
200席あるかどうかっていう小さな館だったのですが、さすがに時季も外れてるし上に平日の午前中というのもあってか、観客数は10人前後という、ほぼ貸し切り状態でした(笑)

ロンドンで起きたテロの直後というのもあって、地下鉄のシーンは胸が痛みました。
日本で同様のテロが起きたら怖いなとつくづく思いますね。


映画の後は食事をして、その後は某電器店へ。
Nゲージ(鉄道模型)のところで、山手線などの発車メロディーが収録されたCDが流れていて、思はず暫く立ち止まって聞き入ってしまいました。
「あっ、これ○○駅のだ」
「これは××駅でよく聞くよね」
などと盛り上がる私達は、傍見た目かなり怪しかったろうなあ(笑)
あとはマッサージチェアでほぐされてみたり(←年寄り)


ダンナと映画に行くとなると、大抵有楽町界隈になってしまうので、出掛けるのも一日掛かりになるんですが、今回は近場だったこともあってゆったり過ごせた気がします。
こういうのもたまには良いなあ、と。

でも、もし次にあそこの映画館へ行くことがあったら、後ろの方の席にしよう…。
真ん中ら辺でもまだ近すぎな感じがして目が疲れたので(汗)
座席数にそんな大きな差はなかったけど、イクスピアリの映画館の方が観やすかったなあ。

21:27  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.13 (Mon)

ローマの休日

『ローマの休日』を初めて見たのは高校生の頃でした。
レンタルビデオ店で借りてきたのですが、私はこの淡い恋物語がすっかり気に入ってしまい、後に廉価版のビデオも買いました。
そのビデオはまだ実家にあります。

デジタル・ニューマスター版が出た時は、だから当然映画館にも足を運びました。
しかし、なばりはそこで思わぬ衝撃を受けたのです。
「字幕が変わってる!」
そう、デジタル・ニューマスター版を出すにあたって、どうやら字幕も新しいものに変更されたようなのです(大ショック)
新しい方の字幕は、直訳的な言葉が多く、以前の味わいがところどころ損なわれていて、それがとても残念でした。
販売が決まった当初は「発売したら絶対買う!」と息巻いてたのに、そこが引っ掛かって未だに購入に踏み切れていません<デジタル・ニューマスター版
(いや、いずれ絶対に買いますけどね)

その後DVDを扱っている店を探したものの、当然ながら店頭に並んでいるのはどれもデジタル・ニューマスター版ばかり。
古い字幕の方のDVDはどこへ行っても見当たりません。
とりあえず多少劣化はしているものの、ビデオがあるのでそれで我慢するか、そうでなければ暇を観て中古店を探そうと思っていました。

で、今日、レンタル屋に行ってフラフラ店内を見て回っていたら『ローマの休日』のDVDを発見したのです。それもデジタル・ニューマスター版じゃないやつを!
(デジタル・ニューマスター版は別にあったし、パッケージも違いました)
ええ、もう、大喜びしながら借りてきましたとも!

そして帰宅後、早速再生♪
「…………………………あれ?」
字幕、古いバージョンじゃないじゃん……(汗)
デジタル・ニューマスター版は映画館で観たきりなので、細かいところは覚えてませんが、少なくとも今回借りてきたDVDは、私がビデオで慣れ親しんできた字幕じゃありませんでした。

このDVD、クラシック映画のコーナーにあったものなのですが、そこには同じタイプのパッケージでいろいろな名作が並べられていました。
――ということは、もしかして、これってデジタル・ニューマスター版の廉価版みたいなやつなんでしょうか?
そう考えると納得というか、それが一番ありそうなパターンな気がしてきました。
それだったら素直にデジタル・ニューマスター版を借りて来た方が良かったやん(がくり)

23:03  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
<< PREV  | HOME |